VERY GIRL BLOG

2017.03.16更新

転倒や日常生活での偏った習慣がつくる骨盤のバランサーシステム失調!?

こんにちは、パーソナルトレーニングのプライベートジムVERY(ヴェリィ)代表の朝崎隼人です。

冒頭でスキーの転倒をきっかけにターンがおかしくなった事ありませんか…と問いかけました。

スキーは一般的には誰でも楽しめるレジャースポーツのイメージが強いですが、実はとっても激しく怪我のリスクも高いスポーツです。
他にレジャースポーツといえば、温泉卓球やバーベキューのバトミントン…などが思いつきますが、そのカテゴリーの中ではとりわけ高スピードで動き、骨折、脱臼などの怪我が多く異質な存在。

スキーのレジャーなイメージは、多くの観光客を取り込もうとしたメディアの影響であって、内容はかなりリスクを伴うスポーツなのです。

そんな猛烈なスピードで猛烈に転倒し猛烈に骨盤を直接打撲して、この精密な骨盤バランサーシステムに何も問題が出ないと考える方が不自然なものです。強い尻もち、または膝つきによって骨盤のバランスが崩れると、脚の感覚に変化が起き始めます。

パーソナルトレーニングのプライベートジムVERY(ヴェリィ)では、「トレーニング」「食事管理サポート」「生活習慣改善指導」で、一人でも多くの女性の健康のパートナーとして生涯役立つ「知識」と「技術」を提供し、世界中に正しい健康を広げる活動を行っています。お体のお悩みや健康に関することで不安などございましたら、ぜひ一度、大阪心斎橋、松屋町のパーソナルトレーニングのプライベートジムVERY(ヴェリィ)にご相談ください。

投稿者: プライベートジムベリー