VERY GIRL BLOG

2017.03.16更新

ヒトの骨盤は絶妙なバランスシステムを有する!?

こんにちは、パーソナルトレーニングのプライベートジムVERY(ヴェリィ)代表の朝崎隼人です。

上半身体重を両下肢から集まった力で受け止めヒトは直立を達成しています。
力が三角形に集まる様子はまるでワインコルクの力学関係のようです。

この栓を抜くとコルクが抜けるように、腰の栓が弱まれば腰が抜けます。腰部牽引治療の是非が問われます。
1:1:1の力学的均衡を持つヒトの骨格

ヒトの仙骨が正三角形だけに、上体から集まる力Aと下肢から集まる力B、Cはそれぞれに力学的均衡を持つ。
三点の力が絶妙にバランスをとることから、ヒトは生命活動の他にスキーやスポーツ、ダンスなどの複雑な動きを達成する事が出来るのである。

逆に、運動量が少ない、また成長期の歩行量が足りないなどを理由に、この骨盤バランスが未形成なヒトは、身体を支える能力が足りない為まっすぐ立つ、座る事が苦手、歩行が疲れやすいなどの特徴がある。もちろんスポーツも覚えが悪い。

特にスキーのようにバランスが必要なスポーツの場合は、技術練習の前にこのコアともいえるバランサーシステムを整えてあると調子が良くなる。

正三角形に集まってくる三点は力学均衡上すべて均しく、1:1:1の関係性をもっています。だからこその絶妙なバランサーシステムを持つ事によって、ヒトは二足直立で安定し、ダンスのような複雑な動きが出来る訳です。
もちろん、スキーの様なバランススポーツを楽しむ事も、この骨盤バランサーシステムが備わっている恩恵です。

パーソナルトレーニングのプライベートジムVERY(ヴェリィ)では、「トレーニング」「食事管理サポート」「生活習慣改善指導」で、一人でも多くの女性の健康のパートナーとして生涯役立つ「知識」と「技術」を提供し、世界中に正しい健康を広げる活動を行っています。お体のお悩みや健康に関することで不安などございましたら、ぜひ一度、大阪心斎橋、松屋町のパーソナルトレーニングのプライベートジムVERY(ヴェリィ)にご相談ください。

 

投稿者: プライベートジムベリー